人気ブログランキング | 話題のタグを見る

JBLに禁忌あり



昔、むかし、お猿さんが山で暮らし(*1)、オーディオが全盛期だった遠い昔。
JBLのネットワークに使われている「コイル」(所謂キャラメルコイル)を目にした多くは、小さく貧弱なお姿に、しょんぼりしたものです。
そして、自作のネットワークに走り、泥の沼に暮らしながら、幸せを夢見た人も、多かったような。


そのオーディオの全盛期の頃、
・JBLのネットワークは膨大なノウハウの塊であり、JBLネットワークの値段はノウハウの値段である。
・JBLの音は、ネットワークの音であり、JBLのネットワークを通さないJBLは、JBLじゃない。
なんて、言われていました。


JBLに禁忌あり。
其は『ネットワーク』なり。
これ、何人も犯すことなかれ


これをなぜか守っているのは、僕だけじゃないハズ。
この呪いのせいで、「内部リード線を変更する程度の改造」であっても忌避しています。
当然、ネットワークの自作なんて、言語道断。


しかし、JBLの禁忌事項、、、誰が言い出したんだ?
今に思えば、当時のJBLの利益関係者な気がする。



そんな訳で、JBLのキャラメルコイルを脱却した音を聴かずに人生を終えてしまうのも寂しい
ような気もするので、
禁忌に手を出すことにしました。


とりあえず、ウーファー側のネットワークに手を出してみたいと思います。


ネット等で入手できるJBLの500Hzクロスのネットワークは、
(N400)、N500、N502、LX5、LX7、LX50、3115、3115A、3150、3152、3152A、3160

このうち、
16Ωのウーファ用は
(N400)、N500、N502、LX5、3115、3150、3152

8Ωのウーファ用は
LX7、LX50、3115A、3152A

4Ωのウーファ用は
3160


JBLに禁忌あり_f0016148_00221851.jpg

パラゴンやハーツフィールドに使われていたN400、N500Hは、
コイル一発の-6dB型なんだね。



つづく







----------------------------------------------

つづき・・>>14か月ぶり。





とりあえず、低音側のネットワーク化をテストしてみました。


JBLに禁忌あり_f0016148_15155682.jpg

実験機。

①コイルタップを切り替えることでクロス周波数が上下する。
ワニ口クリップで簡単調整。

②スピーカーと並列なコンデンサでも、意外と音質に影響する。
これもワニ口クリップで変更容易。




ちなみに、空芯コイルはの音は、嫌い。










(*1)お猿さんは、今でも山で暮らしています。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ARISA4550 | 2020-04-16 00:26 | Comments(0)