STUDER + EMT

 


EMTのフォノイコです。
MCトランスは、OLDタイプ(シルクにエナメル被覆線)。
NEWタイプ(ビニール被覆線)だと、ちょっとがっかりしますよね。
f0016148_13400690.jpg



フォノ回路と出力回路が独立しています。
そこで、EMTフォノイコを、STUDER169 と結婚させます。

STUDERとEMTは、電源共通なので簡単です。

f0016148_15033047.jpg

「INのアース、OUTのアース、0V」が共通(1つ)で、半田箇所は片側6箇所のみ。
ケーブルを作るより簡単。
さっさと音出しです。

f0016148_00133034.jpg
STUDER169モジュールの音声信号を、EMTの出力アンプで送出できます。


出てきた音は、
STUDER169ミキサー(テーブル下)より、芯が強く、シャープで、エネルギー全開。
169ミキサー(テーブル下)と違い、送出部に色々な付属が無いことが幸いしているようです。








----------------------------------------------

STUDER169とEMT基盤の間に、bourns の10kΩの2連ボリュームを入れてみました。
bourns(米国製とメキシコ製)と spectrol(英国製) は、コンソールメンテ用ストックをヤフオク購入したもので、一度使ってみたかっただけ。

bourns を挟むと、あからさまに音が太く柔らかく変わってしまいました。
可変抵抗、恐るべし。
bourns は、直ぐに外しました。








.

[PR]

by ARISA4550 | 2018-02-19 13:41 | Comments(0)