人気ブログランキング |

錬金術


今日の話題は錬金術
f0016148_13300998.jpg

錬金術として知られているのが、、「鋼の錬金術師」
どこをつっこんで良いのか解らないタイトルですが、全DVDと全コミックを持っています。

DVDって、数話を見る毎に交換する作業が面倒です。
1年ほど前から久しぶりに「鋼の錬金術師」のDVDを見ようとは思っていたのですが、
DVDの交換作業が面倒なので、ついつい先延ばしにしてきました。


最近「アマゾンプライム」で「鋼の錬金術師(オリジナルコミック版)」が見れるようになっていたので、全話を一気にみました。
DVDの交換作業が無いのって、なんて楽チンなんでしょう。


「鋼の錬金術師」のタイトルには「フルメタル アルケミスト」のルビがふってあります。

鋼はスチールであって、フルメタルじゃねーだろ。
フルメタルなのは弟じゃん
と、誰かに言いたいだけの理由で、これを書いています。


という訳で、この話題は終わり。



---------------------------------

という訳にもいかないだろうから、少し続きます。
てゆーか、ココからが本題。

錬金術者は、アルケミストでalchemistと書きます。>もちろん、「金(Au)を練成する技術者」のことです。
簡単に言うと、がんばれば「鉛から金ってできるんじゃね?」と鉛や水銀の気化物を吸い込む人生を送った人達です。



アルケミストは、al-chemi-stからなります。
接頭の「al」はアラビア語で、英語のtheです。
続く「chemi」は、古いエジプト語で「黒」です。
最後の「st」は人です。
ケミスト(chemi-st)は、「黒の人=闇の技術者=魔術師」であり、現代では化学者、薬剤師を指します。
現代でも、化学は魔術でしょうから、「ケミスト=闇の魔術師」はすばらしく適語といえます。
(ちなみに、現代でも「闇魔法=the black arts」ですので「al-chemi-st」と同じですね)

つまり、何の話しか、つーと
「闇の魔術師」や「黒の技術者」を名乗る人がいたら、その人は「化学者か薬剤師」です。

ついでに、
この手のジョークを言う人には、笑って「どゆこと?」とたずねてあげると、
意図が通じる仲間を見つけたと思って喜びます。

逆に、「(不思議なことを言う)変な人」という対応をとると、
(せっかく笑ってもらおうと一捻りしたのに、、と)しょんぼりするので面白いです。





------------------------------------

ここまで書いたついでに、もう1つ。
化学は、英語で「chemi-st-ry」です。

末尾の「ry」は名詞化するもの。
つまり、「闇の技術者(魔術師)」を「ry」で名詞化したものが「ケミストリー=化学」っす。



--------------------------------------

蛇足のさらなる蛇足で、もう1つ。
ネット用語の末尾の「ry」は、「ryaku=略のローマ字」のことで、
「ryaku」をさらに略して「ry」とした遊び語。

そんな訳で、
ネット用語の「ry」を、本来の「名詞化するもの」として納得している人も大勢いるに違いありません。








# by ARISA4550 | 2019-09-15 15:52 | Comments(2)

MAIHAK


テレフンケンのV73
てことで購入したけど、実際は
MAHAK製のV73

MAIHAKといえば、古いドイツのパッシブフェーダーの会社
EckmillerやBerlin Dannerと共に有名です。

そんなフェーダの会社だと思っていたら、真空管アンプを作っていました。

f0016148_13533827.jpg

f0016148_13532410.jpg
f0016148_13540365.jpg
インプットトランス、アウトプットトランス、電源トランス、チョークトランスもMAIHAK製です。



回路はテレフンケンと同じ。
f0016148_13535405.jpg



このMAIHAKのV74
パワーアンプなのだが、4Wしかない。
ビックリするほど力がないが、
TAB V74 + Eckmiller W85 + 本機 V73
の組み合わせでALTEC A5 を鳴らしたら、
ALTEC A5がドイツのスピーカかと思うほど精密な音を出して驚いた。
つまり、V74はALTECと相性が良いらしい。

しかし、 JBL375のダブルドライバ (マルチアンプ)にあてがったら、相性が悪かった。
そのショックでお蔵入りになってしまったV73。
15年も昔の話です。


15年も放置していたV73を引張り出してきました。
今回は、1つの非力なV73で、
・JBL130Aを4本、
・JBL375を2本
・JBL075(2402)を2本
・500Hzネットワーク+8kHzネットワーク
を駆動してみます。






下の動画はユーチューブで拾った「知らない人」のMAIHAK V73のテスト動画です。









# by ARISA4550 | 2018-08-12 14:16 | Comments(0)

バイクいじり

 


半年前に購入した26年前のバイク
古いけど、走行距離は3000kmで、ほとんど乗られていない。
タイヤは新車時についていたヤツで、1991年製だ。

バリ山なのだが、27年前のタイヤ。
古すぎて、いつバーストしても不思議じゃない。



おもちゃは、遊ばなきゃ損なので、手組み交換します。
初体験です。

フロントタイヤを外します。

f0016148_17104041.jpg
タイヤ交換の最大の難関は「ビード落とし」だそうです。
ビード(タイヤの耳)をホイールから剥がす作業です。

ビードブレーカー(大きく場所をとる)を購入すると、自分でタイヤ交換するメリットがありません。
そこで、身の回りにあった有り合わせでビードブレーカーを自作。
費用は0円です。

f0016148_17105773.jpg




エアバルブ取外用の専用工具は使わずに、カッターナイフで外しました。

エアバルブ取付用の専用工具も使わずに、ペンチで取付けました。

f0016148_17113169.jpg


タイラップ装着を試しました。

f0016148_17115563.jpg


2つ目の難関は、「ビード上げ」です。
ビード(タイヤの耳)をホイールに密着させる作業です。

抜けるエアより、入れるエアを多くすることで、「ビート上げ」を行います。
高圧ポンプが必要になるため、一般的にはガススタンドにタイヤを持ち込みます。

僕はタイヤとホイールを密着させて「家庭用空気入れ」で「ビード上げ」を行いました。
「パン」「パン」と2回破裂音がして、「ビード上げ」も完了です。
f0016148_17121372.jpg

バランス取りを行い、
バイクへ取り付けます。

f0016148_17123513.jpg



スキルが1ポイント上がりました。









--------------------------------------

(翌日)
リヤも手組み。

f0016148_18161369.jpg










# by ARISA4550 | 2018-04-13 17:06 | Comments(0)